料理酒におすすめの清酒とは?矢吹町の大木代吉本店をつかう!

芝田机太郎 ,,

150414_2

大木代吉本店の料理酒と三河みりん

鎌倉屋で扱っている料理酒は、矢吹町にある大木代吉本店の清酒。純米酒の場合、雑味はよくありません。しかし、料理酒としてつかう場合はこの雑味がとても重要になってきます。また、天然のアミノ酸が通常の約5倍含まれているといわれています。みりんは、三河(みかわ)みりんを使用しています。みりんととえばやり愛知が有名です。なめると甘酒のような麹の味がします。

味噌はアルコール無添加の『麹和田屋の味噌』

麹和田屋の味噌は麹の割合が高く、麹独特の甘みがあります。味噌は通常、アルコールによって発酵させるのですが、麹和田屋の味噌はアルコール無添加です。

麹和田屋の味噌
福島県ブランド認証産品
一等国産大豆100%、国産丸米100%、15割麹仕込

今現在つかっている調味料からこれらの調味料に変えると、料理の味が全く変わるでしょう。調味料を今までと同じ量で使うと最初は『ひどい味になってしまった』なんてこともあるかもしれませんが、分量の見直しだと思って、新らによい調味料をつかってみてはいかがでしょうか?主婦の方にとっては大変な変更かもしれませんが、大事につかってもらえば本当の素材の味を楽しむこともできます。


こんな記事も読まれています。