大阪の近藤造酢さんは昔ながらの静置発酵!料理におすすめの近藤造酢…

芝田机太郎 

151022_3

大阪で近藤造酢さんを訪ねました。
昔ながらの静置発酵でお酢作りをされています。発酵室は菌がつきやすいように木の壁になっていて、酸で目が痛い( ; ; )発酵期間は種類によって2〜3ヶ月、お酒を作るのと同じような工程で作っていました。

151022_1

静置発酵のお酢は大手メーカーの速醸法のお酢と比べるとバンッとお酢が主張していて、後味もしっかり残るので、ギョーザに付けるのには向かないかな、反対に熱をかけて調理する料理に使うとまろやかで、天然のアミノ酸が出て旨味が増しますよ!

151022_2

今の季節サンマを煮たり、手羽先を煮たりするのにこんなお酢を使うと凄〜くおいしくなります。
ちなみに近藤さんのお酢はまだ当店にはありません。お店にある静置発酵のお酢は富士酢と太田酢です^ ^


こんな記事も読まれています。