クリストフ・パカレのボジョレー・ヌーヴォー2016ご予約承り中!

お酒 ,,

ワインに限らず世界的に自然派が大きなうねりとなっています。その中でパリの自然派ワイン最前線の店は、飲食店もワインショップもクリストフの取り扱いがとても高いのです。クリストフのヌーヴォーの生産量はたったの1000ケース。今年のフランスは2003年以来の猛暑で3か月もの長い期間、雨らしい雨がほとんど降りませんでした。

151002_1

クリストフ・パカレ氏

151002_3
151002_2
151002_6

 乾燥が厳しく、土壌の水分も極限に近いほど乾燥し、ブドウがおいしくなる最高の状態を作り出しました。乾燥のおかげで今年はブドウの病気もほとんどなく、「自然栽培」の自然派ワインにとって素晴らしい状況でした。自然栽培のガメイ種だけが持つ、あの突き抜けるような果実を味わえるのではとワクワクする2016です。

クリストフ・パカレ ボジョレー・ヌーヴォー2016

樹齢の古いぶどうの樹を厳しく収量制限して栽培、完熟したぶどうを、通常の倍もの時間をかけて健全なぶどうのみを収穫。土壌・木・製法・道具・・・とにかく「昔ながらにこだわる」だからできるクラシックなワインが楽しめます。

島公園前店・店長の吉田店長にクリストフ・パカレのおいしさを力説してもらいます。

151002_4

ローラン・ミケール氏

151002_5
151002_7
151002_8

南フランスのヌーヴォーでNo.1と言われるローラン・ミケールのワイン、彼はラングドックこそフランスでワインを造るのに一番の土地と信じてこの地でワイン造りしているそうです。ローラン・ミケールの作るワインの一番の特徴は、ブドウが完熟するまで収穫せずに太陽の光をいっぱいに浴びたブドウだけを使うこと。赤は彼が最も得意とするシラーを主体に若々しくフルーティな味わいながらしっかりとコクのあるワインとなっています。

アルノー・ヌーヴォー【赤】

太陽の恵みタップリな南仏に素晴らしい畑を持つアルノーの新酒。渋み少なくまろやかで、軽やかな優しい口当たり!甘みさえ感じるほどの果実味は充分。南仏ラングドック随一のパッションから出来上がる、赤ワインを好きにさせる味わいです。

アルノー・ヌーヴォー【白】

ますますファン増加中。南仏ラングドック随一のパッションと技を持つアルノーの新酒。爽やかで清々しい、グレープフルーツのような香りの白ワイン。果実がピチピチとはじけ、グラスがすすみます。


こんな記事も読まれています。


青果
鮮魚
精肉
惣菜
背食品
和日配
洋日配
菓子
酒

INSTAGRAM